2017年3月14日火曜日

いい乳酸菌・いい大腸菌?

竹川 大介
いい乳酸菌をとるための食品の話はよく聞くけど、いい大腸菌のための食品の話はまったく聞かない。なぜ?どちらも腸内細菌なのに。わかる人おしえて。




 垂水 源之介
常在菌としての大腸菌は、基本的には害をもたらしません。それが、近年の腸内環境の変化や家畜にも存する大腸菌が家畜の飼料の影響(例:乳や肉の生産のためにたんぱく質を混入するようになりセルロースを溶かす菌との変な競合関係をうむ)、悪さをするようになった(=変異が選択された)のです。動物と長く共存してきた(まさに大腸に常在する)大腸菌は、腸内ではぜんぜん悪さをしませんが、腸の外部や、腸内の傷などには他の最近と同様感染症を引き起こす原因になります。乳酸菌は、乳を醗酵させる菌ですが、これも細菌の一種ですが、大腸菌ほどは有害度は少ないだけです。腐った牛乳(乳酸菌以外の細菌が優先する)は当たりますが、チーズやヨーグルトが当たらないのはそれによりますが、ゆるくなりだめな人もいます。ゆるくなるのは、腸内の活動に刺激を与えるからでで、乳酸菌そのものが悪いわけではありません。

 竹川 大介
多くの大腸菌が悪さをしないのはよいのですが、お腹によい大腸菌をとろうという話にはなぜならないのでしょうか?これが問いです。悪い大腸菌と良い大腸菌の区別がつかないから???



 大塚 泰介
「乳酸菌」は乳酸発酵をする様々な細菌の総称ですが、「大腸菌」は1種の細菌の名称です。また有害な大腸菌は、だいたいが他の細菌の毒素などの遺伝子を形質導入されたミュータント株です。おそらく、ご質問の答えのヒントはこのあたりにあります。

 竹川 大介
 ラクトバシラス「属」ってことかな。大腸菌は1種。良いやつがとつぜん悪く変異するのかな?

 大塚 泰介
 これが不思議なのですが、バクテリアでは遺伝子の一部が、ウイルスに取り込まれて、あるいはプラスミドに組み込まれた状態での「接触感染」によって、他の種のバクテリアに取り込まれることが、まれにあるよぅなのです。すると、他種のバクテリアがもつ毒素産生に関する遺伝子が導入される可能性もあるのです。

 大塚 泰介
 よい解説がありました。
JA.WIKIPEDIA.ORG

 竹川 大介
 良い株と悪い株は「生化学的性状では区別できない」のね。



 竹川 大介
 ネットにはおおくの大腸菌は無害とあるけれど、大腸菌って何の役にもたっていないという意味なのかな?つまり良い大腸菌なんてない??

 大塚 泰介
 それはわかりませんが、通常の大腸菌は、少なくとも腸内で悪さはしていません。ただ、腸内で優占しているわけではありません。うんこの半分以上は細菌でできていますが、ひり出されて空気に触れた瞬間、腸内細菌の大部分を占める偏性嫌気性細菌(酸素があると生きていけない細菌)が死に絶えるために、生菌検査では酸素に耐えられる通性嫌気性細菌の大腸菌が中心になるのです。

 安渓 遊地
 カミサマは、わたしたち大腸菌が増えて栄えられるように哺乳動物をおつくりになったのです。

 竹川 大介
 人間が大腸菌の役にたっているわけですね。まあそれでもいいですね。

 安渓 遊地
 みんなキョウダイシマイでおたがいさまです。チーン。

 竹川 大介
 まあ、たいていの生物は人間とはまったく関係なく生きているわけですから。何でもかんでも人間にとって有用なのがいいという有用思想も、たしかになんか変な気がします。とくだんよくもわるくもないというのが普通で、なかには片利共生というのもあるので、もしかすると細菌にとって有用な人間になりたいという思想があってもいいわけですね・・。だからといって死にたくはないけどね。死んだら細菌くんだって困るはずよ。



 垂水 源之介
 多くの大腸菌が悪さをしないのはよいのですが、お腹によい大腸菌をとろうという話にはなぜならないのでしょうか?これが問い>>エコシステムの問題でしょう——極相林と人工林(植林)のちがい。

 竹川 大介
 乳酸菌が極相林で大腸菌が人工林という意味でしょうか???



 吉田 拓也 
いわゆる善玉菌の定義は宿主が健常な時の細菌叢に比較的多く見られる菌で、指標的な意味合いも強いです。善玉菌を増やす方向の働きかけ=宿主を健常な状態に保つ働きかけとなりやすいです。
大腸菌はわずか居れば役割は十分(少なくとも大腸内容物の消化、時に病原性を持つ大腸菌自体への免疫誘導などで役には立ってます。他にもまだわからないところで色々役には立っているはず。)で、大腸菌が必要以上に増えている状況は腸内環境が悪い(様々な細菌が協働で腸環境を利用調整して内容物を分解する状況から逸脱している)状況ですから、腸内の大腸菌を積極的に増やそうということにはならないのだと思います。



 石黒 
「マイクロバイオームの世界」とか「腸と内臓」とか読むとわかりますが、積極的によい大腸菌をとることも行われています。今のところ、深刻な自己免疫疾患に対して、ゲリラ的に、というところのようですが。ただし、とるのは腸内細菌であって、大腸菌ではないです。

 竹川 大介
 え?よい大腸菌というのもあるのですか?あ、じゃなくて腸内細菌ですね。

 石黒
通常は、人体に有益なことをしています。ので、免疫で排除されない。しかし、免疫が弱ると悪さもします。あちらは、あちらの都合で生きていますので。ただ、腸や皮膚に常在菌がまったくいないと、健康に生きていくのは困難とされています。

 竹川 大介
 大腸菌は基本役には立っているけど、条件次第で悪さもする?乳酸菌はおよそ役に立つだけであまり悪さをしない?いやいや、でも虫歯の菌だって乳酸菌だから、こちらだってケースバイケースですね。あちらもあちらの都合がありますからね。



 竹川 大介
 吉田さん>
なるほど!ストンと腑に落ちました。つまり大腸菌はあまりにありふれていて指標として使えないけど、乳酸菌は環境で差が出やすいので指標として使われているということですね。とても説得力がある説明だと思います。
そしてこの説明によって、手段としての指標が、目的になってしまっているという転倒現象も理解できます。
医療や教育業界では起こりがちなことだけど、たんなる指標として使っていただけのものが、まるで金科玉条のようにあつかわれ、最終目的になる。もちろん、確かにこれで有効なときもあるけど、ぜんぜん意味のないことも多い。この手の言説がけっこうトンデモ系に走りやすいのはそのせいですね。

 竹川 大介
 例を考えてみました
名前に「子」がつくかどうかを指標にすると、女子の学校の成績に差が見られる(これは日本のある時期に本当にこういうデータがあったのです。そしてこれ自体は正しいデータでした)、それがテレビとかに取り上げられ自分の子供に「子」をつける人が増えたとか。
ホタルは水の浄化の環境指標に使われると知り、ホタルを別に養殖して川に放す(同じようにサンゴの移植もこれにちょっと似ているところがあって危ない)とか。
お腹のまわりがなにかの指標にされるので、身体測定の時に一生懸命に息を吸うとかね。

 河村 雄太
 テストの点数もそうかも知れません(^^;

 竹川 大介
 まさにそのとおり。単に好奇心や知的能力をはかる指標なのにそれが目的になっている。いまにギャグの回数でIQがわかるなんて研究がでれば、きっとギャグの塾ができて、吉本が難関校になります。

2017年3月9日木曜日

麹づくりの1日

味噌を仕込む準備のための麹造りです


大學堂の味噌汁になるおいしい無農薬米の手づくり味噌です


浸水した米をはかって蒸籠に詰めていきます


この蒸籠を全部で57杯


白米重量で165キロの米を蒸しました。


蒸し米を手早くほぐしていきます。あちあち


あたりいちめん湯気が充満します。うーん!楽しい。


おいしそうな蒸し米の薫りがただよいます。いいにおい


十分に冷めたら手際よく種麹をつけていきます


次から次へと米が蒸し上がっていきます。


この作業を今日は6回くりかえしました。


何度かやっていくうちにだんだん手際が良くなります


温度を調整しながら3日間かけて麹ができます。

2017年3月8日水曜日

「わたくしのつまは詩人である」

ですからですね 
まさにわたくしのつまは詩人であるということにおいて
いわば 
このばあいわたくしのつまは詩人であるわけでありまして
すなわち もしですよ 
わたくしのつまは詩人であるということになれば
しごくとうぜんのこととして
わたくしのつまは詩人であるということであります

だから やはりこれはですね いいですか
いわば わたくしのつまは詩人であるという
い み に お い て は ですよ
あくまでも わたくしのつまは詩人である 
こう もうしておるわけで ございます

ですので詩人でなければ なんなのか
という ごしつもんにたいしては
まさに これはいっさい
おこたえできない たぐい のものであります
だって あなた それは あくまのしつもんですよ
これについては あくまでも おこたえできないしつもんと 
わたくしは にんしきしておるところであります
もしですよ あなた 
もし詩人でなければあくまだ とおっしゃるなら
それは あなた りっぱな れってるばりですよ 
もはや れってるばりと いわざるをえないじゃないですか

えー すくなとも 
わたくしのつまは詩人であるときいております
なので わたくしも いまのだんかいではですね
わたくしのつまは詩人であるのではないかと
こう かくしんするしだいであります
これはみなさん すでにごしょうちのとおりであります
これで いいじゃないですか

いいですか
わたくしのつまは詩人であるというてんにおいてですね 
まさに わたくしのつまはあくまで詩人であると 
さきほどからなんども
こう もうしあげているのですから
あくまは あくまであくまですよ
つまは あくまでつまでいいじゃないですか
詩人は あくまで詩人でいいじゃないですか




2017年2月20日月曜日

せつこねえさんのうた

あれ おどろいた せつこねえさんが うたっているよ
ねえさんが、いつも はなしていたことは ほんとうだったね
もう むかしみたいなことは おこらないと おもってたよ
おこるはずがないし おこってはいけないと おもってた
でもそれは わたしたちが そうおもいたかった だけだったんだね
ねえさんが いつもいつも なんじゅうねんも はなしていたことが
いよいよ まもなく ほんとうに なるのだろうか
ねえさんは それが ほんとうにならないように するために
いつもいつも わたしに はなしてくれていたのに
わたしは・・・・・・
せつこねえさんの うたは・・・・・・


今から30年前にさかのぼる数奇な出会い。
私の初めてのフィールドは石垣島の新川だった。
海人の船にのせられて漁をしていた。
船に寝泊まりし毎日休みなしで働いた。
台湾行きの船が出ているの知り休みをもらった。
若いんだからそういうのも必要だろとあやしげな応援で送り出された
その船の中でアミ族出身の女医さんに出会った。
彼女は石垣に嫁いでいた。
島に戻ったらぜひあわせたい人がいると言われた。

女医さんに紹介されたのが節子ねえさんだった。
節子ねえさんは白保の海岸の近くの小屋にひとりですんでいた。
その頃は白保の空港の問題が起きていた。
新川の海人はみんな空港に賛成だった。
私は海人に隠れて白保に通った。
4000メートル滑走路
自然保護の問題だけではなくこれは有事のための空港だと言われた。
節子ねえさんは戦後すぐに進駐軍に通訳として雇われた。
進駐軍は石垣中をまわり地質調査をおこなっていた。
その時にすでに白保空港の計画はできていたのだ。
調べてみなさいと言われた

それからさらに数年がすぎた。
節子ねえさんは登野城にうつり機織をして歌をうたっていた。
わたしは宮古島の佐良浜に通っていた。
伊良部のトーガニと石垣のトゥバラーマの関係を教えてくれた。
空港は陸上に造られることになった。
海人たちは白保をうめたてなくて良かったといった。
漁協の婦人部に節子ねえさんがよばれていた。
合成洗剤をやめる活動の講師だった。
白保は自然保護の象徴になっていた
風向きは180度変わっていた。

それからさらに数年ががすぎた。
わたしはバヌアツでの村落開発プロジェクトの準備をしていた。
節子ねえさんもバヌアツに行きたいといった。
きっとそこには昔の石垣のくらしがあるはずだから。
わたしもいっしょに行きたいとおもった。
節子ねえさんにバヌアツをみてほしかった。
準備をすすめていた矢先に節子ねえさんが交通事故にあった。
あんなに行きたかったのにと節子ねえさんは残念そうだった。
バンナ岳は鳥見台はまるでトーチカだねと言った。
セイシカ橋の奥が自衛隊の訓練に使われているよと言った。
八島の埋めたて地も完成したら軍事に利用されるはずと言った。
調べてみなさいと言われた

それからさらに数年ががすぎた。
節子ねえさんは病気で入院し結婚しその夫と死別していた。
節子ねえさんはDVで石垣島に逃げてくる女性たちを助けていた。
わたしは環境省のサンゴ礁保全事業で石垣島に通っていた。
サンゴ礁のことを考えるのなら陸のことを考えなさいと言われた。
蔡温はすでに赤土対策を考えていたと教えてくれた。
ハワイのアフプアアや近自然工法を勉強しなさいと言われた。
昔から続く島の森と海の関係を教えてくれた。
沿岸にアダン森を復活させマングローブ林とつなげ水を浄化する。
アダンの葉を生活に利用する文化を残していくべきと言われた
いまならまだ石垣にもなんにかの民具の作り手がいる。
太平洋中の女性たちを集めてアダンサミットをしようと考えた。

それからさらに数年ががすぎた。
尖閣諸島がどうのこうのと急に政治家たちがいいはじめた。
節子ねえさんは資料の山にうもれていた
テレビはみないけどインターネットは便利よねとYoutubeをみていた
節子ねえさんがおばあさんからおそわった昔の知恵や
節子ねえさんが進駐軍からゆずりうけた貴重な資料や
民具や織物や歌やさまざまな生活の知識をどうしようかと言っていた
節子ねえさんの料理はいつもおいしい
海の塩からつくる豆腐をならった


さて、これからさらに数年ががすぎた未来のために。

わたしは
せつこねえさんの うたは 
ふたたび うごきだした このまちがった れきしを 
とめられるの だろうか
ねえさんが いつもいつも なんじゅうねんも はなしていたことが
おそろしい みらいに つながらないように するために
わたしは ねえさんとの たくさんの やくそくを 
はたさなくては ならない

2017年2月16日木曜日

大学が映画館になる日



九州市立大学のなかにつくられた「北方シネマ」は、地域に開かれたドキュメンタリー「映画館」として2017年にスタートしました。 毎月第1金曜日18時より本館A-101にて定期上映しております。
【料金】前売予約 1000円・当日 1200円・学生 500円(資料代)

大学の中にドキュメンタリー「映画館」を
「北方シネマ」設立趣意書

ドキュメンタリー映画はフィールドワーク研究によく似ています。現場に足をはこび、さまざまな人や事物に出会い、ときにはそこに住みこみながら、時間をかけてひとつの事実をあきらかにし、さまざまな社会問題にたちむかう。表現方法はそれぞれにちがっても、関わる者の人間性そのものをそこに感じるのです。優れたドキュメンタリー映画には、撮られる者、撮る者、見る者の三者を有機的につなげていく力があります。
 北九州市立大学ではこれまで「チョムスキー9・11」の上映(2003年4月)、「東アジア移住共生映画祭」の共同主催(2010年7月)などを通じ、広くドキュメンタリー映画を紹介する機会をつくってきました。大学で学ぶ学生たちにとって、こうした映画は世界に関心を持つ貴重な第一歩となります。また地域の人々との紐帯が生まれるきっかけにもなります。
 さて、北九州市では、2014年から北九州市環境ミュージアムを会場に「東田シネマ」というドキュメンタリー映画の上映会が、毎月定期的に開催されてきました。「東田シネマ」では、映画配給などを手がける増永研一氏らが中心となり、力のあるドキュメンタリー映画を厳選し、市民にむけ紹介しています。おかげで北九州には、東京や大阪などの大都市でも機会が限られるドキュメンタリー映画を身近に鑑賞できる恵まれた映画環境が生まれています。私たちは3年目に入ろうとするこの取り組みと連携し、そうした機会をさらに多くの人々と共有したいと考え北方シネマを立ち上げました。
 2017年4月より小倉南区の北九州市立大学を会場に、東田シネマからの配給作品や北方シネマ独自のプログラムを定期的に上映していきます。さらに知の拠点である大学という立地を生かし、テーマに関する知見や学識を持つ研究者や監督、制作者をまじえ作品について討論する機会を設けていきたいと考えています。私たちは北方シネマを、大学の中にありながら地域に開かれている新しい「映画館」であると考えています。このちいさな試みが、やがて全国にひろがっていくことを願っています。
 それでは、ご一緒に珠玉のドキュメンタリー映画を楽しみましょう。
(世話人 竹川大介)

2017年2月9日木曜日

国家新自由主義ニッポン安保党

日本の政党は、すでに、ながらく名が体をあらわしていない
自由主義や民主主義や平和主義の立場を支持する私にとって
新自由主義や国家主義や軍国主義とはなにひとつ相容れない

ついては、このたび現状の与党にふさわしい政党名を考案し
党旗を作製しましたので、ぜひともみなさまご活用ください

国家新自由主義ニッポン安保党
(略称) アンポン党 AmpoN


こちらはデザイン候補にあがりましたが、残念ながら落選した党旗案です。
党員による投票の結果、最終的に上記のデザインとなりました。



日本会議をはじめとした多数のあやしい宗教団体と富裕層に支配された自由民主党には、もはや自由主義や民主主義のかけらもみられない。共産主義革命はどこへやら、日本共産党はいまや生産手段を持たない賃金労働者、昔風にいえば無産階級、今風に言えばサラリーマン政党に成り下がっている。どこの政党も虎皮羊質で羊頭狗肉。実情に合わせた党名の改正を提案いたします。

旧)自由民主党  新)新自由国家党
旧)民進党    新)第二新自由国家党+第二組合党
旧)公明党    新)池田大作先生となかまたち
旧)日本共産党  新)日本サラリーマン党
旧)社会民主党  新)組合会社党
旧)日本維新の会 新)大阪風俗の会

2017年2月6日月曜日

納豆雑記

納豆については、いろいろいいたいことがある。あの化学調味料が入っただし汁や辛子は、おいしくないのでつけなくてよい。おいしい醤油と鰹節があれば十分だ。

私の毎朝の習慣は、煎茶を入れて、鰹節を削り、納豆を混ぜることだ。

書道で硯で墨を擦るような感じだ。なにかを始める前に、一連の決まり切った動作をすると、気が落ち着き引き締まるような気がする。禅の心かな?

もしかすると、これは自然物崇拝(アニミズム)のわたしにとって、自然のものを頂くというひとつの宗教儀礼なのかもしれない。


毎日食べているともっとパワーのある納豆がたべたくなる。学生の頃、京都の北山の農家で煮豆を藁にくるんで地面に埋め自家製納豆をつくるという話を聞いた。あれをつくりたい。


納豆に関する本を二冊よんだ。どちらも面白かった。ほとんどおなじ場所を取材しているが、スタンスが違う。論文とエッセイの違いを知るよい教材にもなると思った。文体にあらわれるその違いもふくめ、それぞれ読みごたえがある内容だ。

納豆の起源 (NHKブックス No.1223)  横山 智
謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉 高野 秀行



両方の本に共通する主張は、納豆の世界は広く日本の納豆はまだまだ開発の余地があるということだ。近頃ブームの「日本スゴイ君」たちには残念な事実だが、世界にはもっとスゴイ納豆文化がある。納豆煎餅はぜひともためしてみたい。

そんなわけで、自家製納豆をつくってみた。黒目だ。菌は市販の納豆を使ったが、市販のものよりよく粘る。


たしかに納豆の黒い目をこのごろみない。なんと、ゴミと勘違いするクレーム対策で、いまは白目の大豆を使っているのだそうだ。

納豆菌は藁だけでなくさまざまな植物の葉についており、実際に東南アジアではそれらが使われているという。今後いろいろな葉を使って新しい納豆を開発する楽しみができた。


昔ながらの方法でワラヅト納豆を作っている人はもう日本にはほとんどいないという。30年前に京都の北山できいた納豆は今どうなっているのだろうと気にしていたところ、本の最後に登場した。やはり京都にはまだ作っている地域があったのだ。


このあいだの研究会で報告があった、大豆の日本起源の可能性についてもふれていた。しかし大豆の原種ツルマメは納豆地帯に広く分布するので、納豆は多起源かもしれない。納豆はツルマメのサポニンの無毒化にはじまるという説も魅力的だ。ツルマメは野生で生えている。こいつで極小粒納豆をつくるのもよいな。

【まとめ】これから、やってみたいこと。
地面に埋めて納豆をつくってみる
納豆せんべいをつくってみる
いろいろな葉の枯草菌をつかって納豆をつくってみる
ツルマメで極小粒納豆をつくってみる

2017年1月15日日曜日

「人生を生きる」ということ

昨日は大學堂でモザイクスのインプロ(improvisation)即興劇をみた。みながらいろいろ考えた。

たとえばこういう時、あなたならどうする?

それはひとことで言えば、「人生を生きる」とはなにかということである。さらに乱暴にいえば、世の中には「人生を生きている状況」と「人生を生きていない状況」のふたつがあるということである。

しかしながら、そんな大それたことをひとことでいきなり書いても、全く意味がわからないだろう。まずは「発し手」「受け手」「聞き手」という切り口から出発して、即興劇をみながら私が考えたことを説明してみたい。

発し手、受け手、聞き手。3者。今回のインプロの場合、発し手と受け手は役者で、両者は発話ごとに役割交代する。聞き手は観客である。

発し手はなにかの意図(思惑)を持って聞き手に対して言葉を投げる。ときにはまったく偶発的な場合もあるが、一定の会話が続くためには、偶発性ばかりでは不十分で、なんらかの文脈の意識し、物語をつなげていかなければなならない。

受け手は、発し手の意図を適切に回収し、ひとつの文脈にのせようとする。

聞き手である聴衆もまた、この瞬間にそれぞれの頭の中で自分なりに返す言葉を考えて、その先を予想しながら、返答を待つ。そして受け手の返答が、自分が期待していたイメージに重なると、聴衆は役者のやりとりにのめり込んでいく。つまり状況への共感がおきるのである。

しかし、たとえば受け手が発し手の意図をうまく理解できないなど、意図の回収に失敗したり、受け手が意図は理解できてもそれをうまく文脈にのせきれなかったりすると、聴衆ははげしく落胆する。このあたりには、シナリオが先にある予定調和的な劇にはない、インプロならではの臨場感と緊張感がある。

むろん意図や予測はすぐには回収されなくてもよい。むしろ伏線として記憶され、思わぬところで再登場し、全く異なるふたつの文脈がひとつにつなげられると、聴衆はほっとすると同時に、なにか素敵な物語を手に入れた気持ちになれるのだ。

もし受け手の返答が、聞き手自身のイメージしたものよりも上を行けば、聞き手はそこに「すごさ」を感じる。実のところ、発し手の意図や聞き手の予想は、つねに受け手によって裏切られることが期待されている。さすが役者、そうきたか、やられたあ。インプロの面白さはそこにある。


などと、あまり理屈を重ねてもうまく伝わらないないかもしれないので、今回のお芝居の中で、もっとも印象的だったシーンに即して今の話を説明してみよう。

状況は男女の葛藤である。突然現れた占い師によって、「今年は子供を産まないほうがいい」こと、「南側の台所が悪い」ことなどの預言が発せられる。

さらにここで、事前に聴衆に書いてもらった用紙の中からランダムに「カタツムリの家出」というが選ばれた。さてさて、これらの素材を役者たちはどのように文脈化するのだろう。

「カタツムリの家出」最初の時点で、たぶん多くの観客は「ナメクジ」を想像している。ナメクジがどこかに出てくるはずだと期待する。しかしナメクジはなかなかでてこない。

それにたいして受け手はマイマイカブリの話を語りはじめる。カタツムリはマイマイカブリが怖くて家出するのだという。

やがてそれは、男性によって地域の治安が不安だから引っ越そう、つまり「北向きの台所がある家に住もう」という文脈に巧みにおとしこまれようとする。だが動き始めた会話は、それだけでは終われない。「今年は子供を産まないほうがいい」という占い師の重たい言葉は、女性側にとってはそんなハッピーエンドではとても回収できない話なのだ。このあたりで観客は物語の先行きにちょっと不安を感じる。

ここから新しいフェーズが出てくる。「カタツムリの家出」という言葉は、母体ぬけだした胎児、つまり堕胎というグロテスクなイメージに重ねられ再登場する。そこでようやくナメクジが出てくる。ナメクジとは堕胎された胎児なのだ。おおこわい。素材がすべて回収されプロット(物語の流れ)が完成した。やがて恋人同士のふたりのやりとりは、悲劇的な言葉の応酬に変わっていく。


「所与の言葉」から「説明の言葉」が生み出されていく、その流れが実にみごとだった。それはまるで、道徳心理学のいう「象と乗り手のたとえ」の種明かしを見せられているかのようだ。しかも、ここではまさしく、感情(所与の言葉)が理性(説明の言葉)を支配していく世界が演じられている。

うまく整理できていないが、会話のながれをつくるためには、いくつかの要素があるように思う。たとえば、おきまりのパターン、連想、はぐらかし、すりかえ、誇張などである。これらの要素を「機転=頭の回転」と言い換えておこう。即興劇では、発し手、受け手、聞き手の、3者の「機転」が試されている。役者だけではなく聴衆にも「機転」が要求されるのだ。聴衆の頭の回転に応じて、同じ会話が面白く感じたり、つまらなく感じたりする。


実は「面接でもこういうところがよくあるな」と、劇を見ながら思っていた。志願者の頭の機転がきかないと、せっかくの面接官の質問を生かし切れない。いや逆のケースのほうがより深刻だ。面接官の機転がきかず、せっかくの志願者の言葉を拾い切れていない。面接がマニュアルだと思っている人はたぶん、ふだんから他者の意図がよくわかっていないか機転を意識していない人にちがいない。

研究発表の質疑応答もそうだし、もっとえいえばふだんの日常会話だって同じことだ。会話の最中にすぐネットを検索する人がふえている。頭の良さを「知識」だと勘違いしているのだろう。知識とはここでいう「所与の言葉」にすぎない。だからいくらマニュアルやウィキペディアに頼っても、「文脈」を生み出すことはできない。

大喜利や音楽のセッションが面白いのは、磨かれた知識や技術の上に、みごとな文脈が組み立てられているからなのだ。つまり頭の良さは知識ではなく機転である。だから、ぜひ教育の中でも、相手の意図を読み取り、会話の流れをつくるいくつかの要素を上手に組み合わせる訓練をしておいた方がいい。人生の中でもっと真面目に即興のことを考えた方がいい。

所与の言葉や感情が「人生」だとすれば、説明の言葉や理性は「どう生きるか」ということになる。与えられた人生をどう生きるかを決めているのが、その場かぎり、一回かぎりの、即興というわけだ。演じられた即興劇を見ながら、つくづく「人生を生きるということは、そこに『ある』という状況ではなく、そこで『する』という状況、つまりは即興なのだなあ」と、そう思ったのである。